コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

5-フルオロウラシル ごフルオロウラシル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

5-フルオロウラシル
ごフルオロウラシル

5-FU。癌細胞が DNAを合成する際のピリミジン代謝系の拮抗物質として作用し,癌細胞の核酸合成を阻害する抗悪性腫瘍剤。さらに,5-FUはウラシル類似体であるため RNAにも取込まれ,癌細胞の代謝系を阻害するといわれている。胃癌,腸癌等の消化器系癌,子宮癌卵巣癌,肝癌,膵臓癌などには注射剤として適用され,肺癌,頭頸部癌などには他の薬剤や放射線療法などとの併用療法が効果をあげている。副作用も比較的少なく,長期間の投与が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

5-フルオロウラシルの関連キーワードハロゲン化制癌剤

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android