A. ヴァン・マーネン(英語表記)Andriaan Van Maanen

20世紀西洋人名事典の解説

A. ヴァン・マーネン
Andriaan Van Maanen


1884.3.31 - 1946
米国の天文学者
オランダスネーク生まれ。
1911年アメリカに渡り、ヤーキス天文台で、ボランティアとして働いた。翌年ウィルソン山天文台の職員となり、研究生活を続ける。星の視差を測定するのに新しい60インチの反射望遠鏡を使い、より精功な装置の能力を最大限に利用して、惑星状星雲やかすかな星の動きを研究した。また、一部の渦巻きの回転速度の研究は、「島宇宙」の可能性に対するシャプリの議論を刺激することになった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android