コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ABI検査 エービーアイケンサ

2件 の用語解説(ABI検査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エービーアイ‐けんさ【ABI検査】

動脈の狭窄や閉塞の程度を調べる検査の一つ。足首と上腕の血圧をはかり、その比率を計算する。狭窄や閉塞が進んでいるほど比率の値は小さくなる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ABI検査
えーびーあいけんさ

足首と上腕の血圧を測定し、それぞれ最高血圧である足首収縮期血圧/上腕収縮期血圧の比率(足関節上腕血圧比ankle brachial pressure index:ABI)を計算することで、血管の狭窄(きょうさく)や閉塞(へいそく)など動脈硬化の進行の程度を推定する検査。四肢血圧検査ともいう。ベッドにあおむけになった状態で左右の上腕と足首の血圧を同時に測定する。正常では足首の血圧が少し高値となるが、この比率が0.9以下の場合には動脈硬化が疑われる。
 加齢とともに血管変性が進み、また生活習慣病などの悪化にしたがって動脈硬化が進むと、冠状動脈に狭窄や閉塞を生じ、狭心症や心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患、あるいは脳梗塞や脳出血などの脳動脈疾患(脳卒中)といった、生命に危険を伴う疾患に陥る危険性が高くなる。こうした動脈の狭窄や閉塞による虚血は下肢に多く起こり、ときに重症下肢虚血などを呈する。さらに進行して下肢動脈に閉塞を生ずると足に冷感などを伴う下肢閉塞性動脈硬化症に陥り、足先の壊死(えし)をきたすこともある。ABI検査はこうした動脈硬化に伴って発症する疾患を早期発見するためにも重要であり、異常値を示した場合には精密な検査を受ける必要がある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ABI検査の関連情報