ALGOL(読み)あるごる

デジタル大辞泉の解説

アルゴル【ALGOL】[algorithmic language]

algorithmic language》コンピューターで、科学技術計算用のプログラミング言語の一。アルゴリズムの記述用で、数学的に整った構造をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ALGOL【アルゴル】

コンピューターの自動プログラミング用言語システムの一つ。正称はalgorithmic language。米国が開発したFORTRANに対抗すべく,1958年に世界共通の科学用,数値計算用としてヨーロッパで開発されたものでコンパイラーに属する。→高水準言語
→関連項目プログラム言語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アルゴル【ALGOL】

コンピューターのプログラミング言語のひとつ。1950年代末にヨーロッパで開発された。アルゴリズムの記述に優れ、科学技術計算に向く。現在はほとんど使われていないが、C言語Pascal(パスカル)など、後のプログラミング言語の開発に強い影響を与えたことで知られる。◇「algorithmic language」から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アルゴル【ALGOL】

〘名〙 (algorithmic language の略) 計算法を電子計算機のためのプログラムに記述するための標準的な言語の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のALGOLの言及

【プログラミング言語】より

… 両者のうち,より古くからあるのが手続き型procedural言語ないし命令型imperative言語であり,変数と呼ばれる名前のついた記憶領域に次々と値を格納していく(それ以前に格納されていた値は失われる)ことを基本動作として計算が進行していく実行モデルをもつ。 初期の手続き型言語としては,科学技術計算むけのFortran,Algol,事務処理むけのCobolが挙げられる。そのほか,システム記述むけの手続き型言語であるBlissやC,教育むけのPascalなどが作られた。…

※「ALGOL」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android