コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BSE(牛海綿状脳症)

1件 の用語解説(BSE(牛海綿状脳症)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

BSE(牛海綿状脳症)

Bovine Spongiform Encephalopathyの略。異常プリオンたんぱく質(細胞たんぱく質の一種が異常化したもの)に汚染された飼料(BSE感染牛の脳等を含む肉骨粉等)の摂取により経口感染すると考えられている牛の疾病。2年以上の長い潜伏期間の後、脳組織がスポンジ状になり、行動異常等の神経症状を呈し、発病後2週間から6か月で死に至る。1986年に英国で初めて報告されたが、これは、70年代に英国での肉骨粉の製造工程が変化したことにより、異常プリオンたんぱく質が不活化されずに残存した肉骨粉が流通・給与されたことが背景にあると考えられている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

BSE(牛海綿状脳症)の関連キーワードenキレート化合物ゴドーを待ちながら牛海綿状脳症CENELECFEOGACENFLYERS分光化学系列ヅィメルマン(ジメルマン):ピアノ・ソナタ ト長調/piano solo

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BSE(牛海綿状脳症)の関連情報