コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CAPD(読み)シーエーピーディー(英語表記)continuous ambulatory peritoneal dialysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

CAPD
シーエーピーディー
continuous ambulatory peritoneal dialysis

腎不全治療法の一つで,持続的可動性腹膜透析のこと。透析液の入った携帯バッグをカテーテルと呼ばれる管につなぎ,透析液を腹腔内に注入し,腹膜透析を行なう。6~8時間後に透析液を排出するまで自由に行動でき,透析液の注入・排出も自分一人で短時間に行なえることから実施者が増えている。腹部にカテーテルの差し込み口を作る手術が必要だが,衛生管理さえ怠らなければ入院の必要もなく,腎不全患者の社会復帰に大きな役割を果たしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐エー‐ピー‐ディー【CAPD】[continuous ambulatory peritoneal dialysis]

continuous ambulatory peritoneal dialysis》携行式連続腹膜透析。腹膜にチューブを挿入し、体内の老廃物を交換する腎不全の治療法。自宅や会社で行うこともできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

CAPD

〖continuous ambulatory peritoneal dialysis〗
持続的外来腹膜透析。1 日数回の腹腔内の透析液交換時以外は自由に活動できる長所がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android