コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブ チューブ tube

翻訳|tube

4件 の用語解説(チューブの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チューブ(tube)

流体を通す筒・管。
絵の具・練り歯磨きなどを、押し出して使用する容器。
タイヤの中側にある空気を入れたゴム管。
筒状のもの。サーフィンでいう、波のトンネルなど。
(Tube)ロンドン地下鉄の通称。トンネルの形が筒状であることから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集の解説

ちゅーぶ 【チューブ Tube】

うねりが深い所から急に浅いところに来ると、波は上部からだらだらと崩れずに、リップが飛び水の空洞ができることがある。或いはその空洞のことをチューブと言う。そのチューブにライディングをしながら入り、また出てくることが究極のテクニックとされている。

出典|(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

チューブ【tube】

管。くだ。
薄い金属板やビニール製の管状容器。管の一端は閉じてあり、絵の具・練り歯磨き・糊のりなど粘性物を別の一端にある口から絞り出して用いる。
空気を圧入してタイヤの中に入れるゴム製でドーナツ状のもの。自転車・自動車などの車輪に用いられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューブ
チューブ

インナーチューブ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チューブの関連キーワードGM管GM 管SIT 管ST 管mT 管管(楽器)キャップ(管)GT 管TW 管UOE 管

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チューブの関連情報