CAPM(読み)シーエーピーエム

デジタル大辞泉の解説

シー‐エー‐ピー‐エム【CAPM】[capital asset pricing model]

capital asset pricing model》資本資産評価モデル。株式投資における株式収益率はリスクフリーレートに当該リスクプレミアムを上乗せした値に等しいという仮説に基づくモデル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

M&A用語集の解説

CAPM

投資家が株式(などのリスク資産)に期待するリターンが形成される過程を明らかにした理論。企業評価で使用する割引率を算定する際の理論として広く活用されている。期待リターンはリスクフリーレートにマーケットリスクプレミアムにβを乗じた値を加えて算出される。1960年代にW・シャープとJ・リントナーらによって完成された理論である。CAPMに基づいて求めた資本コストキャッシュフローを割引くことでリスクを勘案した株式の評価が可能。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android