コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIデザイン CIでざいん/しーあいでざいん CI design

1件 の用語解説(CIデザインの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

CIデザイン

「CI(Corporate Identity)=企業の独自性」を表現する視覚的に統一されたデザイン。ロゴ、パッケージ、広告宣伝物、名刺、レターヘッドなど企業活動全般にわたる。1950年代後半に米国で生まれ、日本では70年代以降に多くの企業が導入。経営戦略の一環として定着した。90年代後半からは、従来のCI的発想から、消費者と企業が一体となってブランドを育てるという意味合いで「ブランド・デザイン」または「ブランド・マネージメント・デザイン」という新しい考えが登場した。知名度にこだわらず、自分に合ったブランドを選択する消費行動が、これを裏打ちしている。トヨタ自動車は自社の高級ブランド「レクサス」を、89年から北米市場で展開。知名度は低かったが、顧客サービス第一主義と高品質によって市場に定着させた。2005年8月には、同ブランドを逆輸入展開。新たな試みとして注目を集めた。

(武正秀治 多摩美術大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CIデザインの関連キーワードCIコーポレート・アイデンティティドクターシーラボ境膜係数CI(コーポレート・アイデンティティ)VI(ビジュアル・アイデンティティ)コーポレートファイナンス Corporate Finance

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CIデザインの関連情報