CI(読み)しーあい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CI

CI(コーポレートアイデンティティ)とは、グラフィカルなロゴやシンボルマークを使って企業コンセプトと経営理念を明確化し、会社に対する社員の認識と社外の人間が会社に対して持っている認識を一致させるもののこと。1950年代から、アメリカで顧客のニーズも企業のサービスも急速に多様化する市場に適応し、企業の独自性を明示するため多くの企業がCIを採用した。日本でも80年代から、多様化する市場に対応し、CIを導入する企業が増えたが、単なるマーク刷新、表面的な化粧直しに終わってしまった場合も多いと言われている。なお、現在では、CIに代わってBI(ブランドアイデンティティ)の確立が注目されるようになっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐アイ【CI】[corporate identity]

corporate identity》企業の個性を明確にして企業イメージの統一を図り、社の内外に認識させること。コーポレートアイデンティティー

シー‐アイ【CI】[Consumers International]

Consumers International》⇒国際消費者機構

シー‐アイ【CI】[cigarette index]

cigarette index》喫煙指数。1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けた数値。数値が400を超えると肺がん心筋梗塞発症の危険が高いといわれる。ブリンクマン指数

シー‐アイ【CI】[converged infrastructure]

converged infrastructure》⇒コンバージドインフラストラクチャー

シー‐アイ【CI】[connected industries]

connected industries》⇒コネクテッドインダストリーズ

シー‐アイ【CI】[cut-in]

cut-in》⇒カットイン3

シー‐アイ【CI】[composite index]

composite index》⇒コンポジットインデックス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人材マネジメント用語集の解説

CI

・corporate identity
・当該企業が当該企業である所以である固有に持つイメージ、考え方、戦略、企業の取り組み姿勢等を指す。
・マーケティング・PRにおけるスローガンコピー、デザイン等社外的な企業イメージの統一等を図る際に重要になるだけでなく、従業員の自社に対する意識の統一等を図る意味でも重要なものである。

出典 (株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について 情報

流通用語辞典の解説

CI【Corporate Identity】

コーポレート・アイデンティティの略称。企業全体としての企業理念を全社員、関連取引企業、消費者に明確に伝達し、企業としての姿勢を理解していただくための活動。CIはMI(マインド・アイデンティティ:経営理念)、BI(ビヘイビア・アイデンティティ:行動理念)、VI(ビジュアル・アイデンティティ:視覚イメージ)の3つから形成されるもので単なるシンボル・マーク、カラー、ロゴタイプ(字体)などの視覚的デザインの統一ではない。特にBIは全従業員がとすべき行動理念である。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シー‐アイ【CI】

〘名〙 (corporate identity の略) 企業の個性を明確にし、日常の企業活動を通して企業イメージを内外に認めさせること。企業の社名、マーク、カラー、デザイン、各種PRなどすべてがその対象となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

CI
シーアイ

Color Indexの略称.[別用語参照]染料

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のCIの言及

【キュリー】より

…放射能の単位で,記号Ci。原子核の崩壊(または自然核分裂)の割合が毎秒3.7×1010であるときの放射能が1Ciである。…

【企業】より

…公害(をひきおこすこと)は三つすべてにかかわるものであるといえる。 最近コーポレート・アイデンティティ(CI)という経営戦略がにわかに台頭してきているが,これは主として視覚的手段を用いて経営理念を関係者に訴え,よりよい企業イメージを形成させるようにする戦略を意味している。商品イメージではなく企業イメージを形成するという点で広告・宣伝と異なるわけだが,これは本来的意味でのパブリック・リレーションズ(PR)に等しい。…

【コーポレート・アイデンティティ】より

…略称CI。コーポレート・アイデンティティ・システム(略称CIS)ともいう。…

※「CI」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android