コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CIPA しーあいぴーえー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CIPA

カメラ映像機器工業会。デジタルカメラのバッテリーの撮影枚数において、その検証方法を規定していることで有名。多くのデジタルカメラカタログでは、「CIPA規格 700枚」などと、撮影できる枚数を表示している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐アイ‐ピー‐エー【CIPA】[Camera & Imaging Products Association]

Camera & Imaging Products Association一般社団法人カメラ映像機器工業会。デジタルカメラやフィルムカメラ、および関連機器・装置の開発・製造・販売に関わるメーカーで構成される。日本写真機工業会の後継として平成14年(2002)に設立され、デジタルカメラのファイル形式の策定や各種標準化事業などを行っている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

CIPA

Camera&Imaging Products Association。有限責任中間法人 カメラ映像機器工業会。カメラおよび関連機器、ソフトウエアを販売する会員によって構成される。前身のJCIA(日本写真機工業会)の解散を受け、2002年設立。標準規格に関する活動も行い、 PictBridge もそのひとつ。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

CIPAの関連情報