コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

核酸発酵 かくさんはっこう

大辞林 第三版の解説

かくさんはっこう【核酸発酵】

微生物を利用して核酸およびその関連物質を大量に生産する方法。イノシン酸(鰹節かつおぶしのうま味の成分)やグアニル酸(椎茸のうま味の成分)などの食品添加物や医薬品を製造する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かくさんはっこう【核酸発酵】

5′‐イノシン酸(5′‐IMP),5′‐グアニル酸(5′‐GMP)などの呈味性ヌクレオチドをはじめとするきわめて多数の核酸関連物質の微生物による生産の総称。
呈味性ヌクレオチドの生産]
 1913年に小玉新太郎は鰹節のうま味の主成分がイノシン酸のヒスチジン塩であると報告した。60年になり国中明は5′‐IMP,5′‐GMP,5′‐キサンチル酸(5′‐XMP)などのヌクレオチドがすぐれた呈味性を有すること,またこれらの化合物がグルタミン酸ナトリウムと強い相乗効果を有することを見いだした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

核酸発酵の関連キーワード食品添加物医薬品

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android