コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

DMV

3件 の用語解説(DMVの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

DMV

〖dual mode vehicle〗
デュアル-モード-ビークル。レール用ガイド輪とゴム-タイヤを備え道路とレールの両方の走行が可能な車両。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

DMV

04年に開発に成功したJR北海道は、除雪車のウイング上げ下げする技術を応用した。線路では格納していた鉄輪を下ろし、前輪のタイヤを持ち上げて走る。駆動輪は後輪のタイヤ。道外の自治体も注目しており、導入に積極的な静岡県富士市と熊本県は走行試験も実施した。

(2008-05-26 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

知恵蔵miniの解説

DMV

デュアル・モードビークル(Dual mode vehicle)の略称で、線路と道路の両方で走行が行える車両のこと。一般的なマイクロバスなどに鉄道用の金属車輪を装備し、道路では通常のマイクロバスなどと同様にゴムタイヤのみで走行するが、線路では前輪部に取り付けられたレール用の金属車輪を下ろして走行する。後輪のゴムタイヤはそのままレールの上に乗り、それを駆動することで走ることができる。2002年よりJR北海道が同車両の開発を続けてきたが、14年9月には導入が断念されたことが報道された。その後、徳島県と高知県を結ぶ全長約8.5キロメートルローカル線である阿佐東線での導入検討が進められ、11年11月にはDMVの夜間試験走行、12年2月には乗客を乗せたデモ走行が実施された。16年3月には徳島県、高知県や地元自治体などにより「阿佐東線DMV導入協議会」が設置された。安佐東線では同車両導入検討の理由を、一般の鉄道車両より運用コストが安く、観光の目玉にもなり、路線や地域の活性化につながるためとしている。

(2017-1-31)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

DMVの関連キーワードDMVUAVDMB有薗芳記Alissa中津香織トヨタ IMTS米国自動車メーカーの両面戦略HTV無人補給機

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

DMVの関連情報