コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ECM いーしーえむ

5件 の用語解説(ECMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ECM

製品の受注からその設計、試作、購買、製造、保守までの全プロセスを、ITネットワークによる情報共有と配信を利用することで、これまでは分断されていた製造工程をシームレスに統合させる、製造業における新しいエンジニアリングコンセプト。受注から生産までの各セクションが同じ情報を共有することによって、ユーザーニーズを的確に把握した商品開発を行うほか、品質の向上、製造ロスの低減、納期の短縮といった、製造の効率化、最適化を図ろうとするもの。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イー‐シー‐エム【ECM】[electronic countermeasure]

electronic countermeasure》電子対策。敵の電磁波の使用を阻止または妨害するために行う活動。

イー‐シー‐エム【ECM】[extracellular matrix]

extracellular matrix》⇒細胞外基質

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ECM

〖extracellular matrix〗
細胞外さいぼうがいマトリックス

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ECM
イーシーエム
electronic countermeasure

電子装置に対する逆用,妨害などの対抗手段 (装置) をいう。敵のレーダ,通信,誘導電波を傍受し,方位,特性などを測定し,電波や金属箔片 (→チャフ ) ,おとりなどによって妨害,偽瞞を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のECMの言及

【電子戦】より

…電子支援対策) 脅威をすみやかに確認するため,放射電磁波を捜索し,傍受し,標定し,直ちにそれを分析識別する活動である。ESMは次のECMやECCM,回避,目標捕捉,およびその他の部隊運用などに即刻必要となる情報を提供するためのものである。(2)ECM(electronic countermeasures。…

※「ECM」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ECMの関連キーワード記述的調査修正再購買新規購買識別因子アーク機械受注オーダー・マネジメント・システム京都試作ネットオチアイ飯田電子設計

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ECMの関連情報