コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ESの版画家 イーエスのはんがかMeister E. S.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ESの版画家
イーエスのはんがか
Meister E. S.

[生]1420頃
[没]1467/1468
ドイツのゴシック銅版画家。おそらく上部ライン地方で制作。確証しうる制作期は 1450~67年。当時行われはじめた銅版画の技術を発展させ,独立した芸術のジャンルに高め,ションガウアーに大きな影響を与えた。彼の銅版画は 300点以上現存するが,そのうち 18点に組合せ文字による E.S.の署名がある。作品は『サムソンとデリラ』 (メトロポリタン美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ESの版画家の関連キーワード応仁骨皮道賢ウンブリア派アラスの和約唐賽児の乱季瓊真蘂北畠教具相良長続細川持賢細川勝元

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone