F. ポルシェ(英語表記)Ferdinand Porsche

  • François Porché

20世紀西洋人名事典の解説


1875.9.3 - 1951.1.30
オーストリア,ドイツ,イタリアの自動車技術者。
ボヘミア生まれ。
ダイムラー・ベンツ社技師を経て、1935〜37年にはドイツ政府からの命によってフォルクスワーゲンの設計を手がける。第二次世界大戦中にはドイツ機甲部隊の戦車レオパルト、ティーゲルを設計したほか、V-1号飛行爆弾の開発にも協力し、名誉教授の称号を与えられる。終戦後、フランスに抑留中の’48年にはルノー4CVを設計。抑留生活の後、’49年にドイツに戻り、息子と後にポルシェ911形となる256形ポルシェ・ロードスターの1号車の開発を手がけたが、健康を害して技術者生活から退き、晩年はイタリアに住む。


1877 - 1944
詩人,劇作家
1904年詩集「日ごとに」で、伝統派の詩人としてデビュー、素朴な詩風で「運命の命令」(’21年)、「詩集」(’34年)などの総合詩集を発表。また、戯曲は「野卑な男たちとこざかしい女」(’17年)、「ばら色のの娘」(’19年)などの叙情的な寓意劇を手がけたほか、ペギーボードレールトルストイなどについての研究書も発表している。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android