F.J.J. ボイテンディーク(英語表記)Frederik Jacobus Johannes Buytendijk

20世紀西洋人名事典の解説

F.J.J. ボイテンディーク
Frederik Jacobus Johannes Buytendijk


1887 - 1974
オランダの心理学者。
元・グロニンゲン大学教授。
1910年に医学学位を取得する。臨床医にはならずに、グロニンゲン大学の生理学教授、生理学研究所の所長を務めた。50歳まではもっぱら、生理学、動物学、比較心理学の研究に従事し、それ以後、現象学、実存哲学に興味を持った。主著に「Psychologie des animaux」(’28年)、「Prolegomena einer anthropologischen Physiologie」(’67年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android