コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GAB ギャブGAB

翻訳|GAB

3件 の用語解説(GABの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギャブ【GAB】[general arrangements to borrow]

general arrangements to borrowIMF国際通貨基金)の資金補充を目的に、1962年先進工業国10か国とIMFの間で締結された取り決め。参加国がIMFから資金を引き出す際に、IMFは他の参加国から融資を受けることができる。1983年末にスイスが参加。サウジアラビアともGABに準じた取り決めを締結した。一般借入取り決め。一般借入取極。
[補説]1982年に起きた累積債務危機を契機に条項を改正。貸付限度額が大幅に拡大され、GAB非参加国向けの融資にもGABの資金を利用できるようになった。

ジー‐エー‐ビー【GAB】[general arrangements to borrow]

general arrangements to borrow》⇒ギャブ(GAB)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

GAB【ジーエービー】

General Arrangement to Borrowの略。IMF(国際通貨基金)の一般借入取決めのこと。1962年1月,主要先進10ヵ国(米国,日本,旧西ドイツ,英国,フランスイタリアカナダオランダベルギースウェーデン)がIMFとの間で締結した取決め。
→関連項目ルーブル安定化基金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のGABの言及

【IMF】より

…しかし,50年代の後半には,それまでIMFを中心的に支えていたアメリカの地盤低下に加え,ヨーロッパ諸国が力強い復興により通貨の交換性を回復し8条国(IMF協定上,戦後の過渡期において国際収支上の理由から例外的に為替制限の維持を認められている国を14条国,協定どおり,これらの制限の除去の義務を受諾した国を8条国という)に移行し,日本も遅ればせながら64年に8条国に移行するに及び,ドルの信認低下に対処するための施策が中心課題となった。かかる背景のもとに先進諸国は,金相場安定協定,金プール協定,中央銀行間のスワップ協定,金の二重価格制,利子平衡税(アメリカ)等をつぎつぎに打ち出したが,IMF自身としても,1962年には従来の資金源の枠外に,主要加盟国10ヵ国(アメリカ,イギリス,西ドイツ,フランス,イタリア,日本,カナダ,オランダ,ベルギー,スウェーデン)による発足時60億ドルのいわゆる一般借入取決め(GAB)によるスタンドバイ形式の資金(スタンドバイ・クレジット)増加を決定し,大口貸出しに対処することにした。この構成メンバーである10ヵ国(G‐10)は,その後の通貨制度改革や国際金融上の重要事項決定につき随時会合し(10ヵ国蔵相会議),大きな役割をもつに至った。…

※「GAB」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

GABの関連キーワードIMF融資制度DVD-R for GeneralGRE(R)国連待機制度ペン・オブ・クインシーNAB高等教育の国際化サービス貿易欧州中央銀行ECB

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

GABの関連情報