コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GRP gross rating point

ブランド用語集の解説

GRP

GRPとはGross Rating Pointの略で、広告効果の測定に使われる指標である。テレビコマーシャルを放映した本数にそれぞれの番組の視聴率を掛けた総和である総視聴率のことをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジー‐アール‐ピー【GRP】[gross rating point]

gross rating point》延べ聴取・視聴率。延べ注目率。広告主が広告を出すときに利用する、各種マスメディアに対する注目率の合計。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典の解説

グロス・レーティング・ポイント【GRP Gross Rating Point】

GRPは、媒体意思決定担当者が使う用語の中でも、最も重要な用語のひとつ。所定標的市場に露出される広告の全体的な量(Gross Weight)を表すために使用される。媒体プランはキャンペーンの全期間を通じてただひとつの銘柄媒体で遂行されるものもあれば、複数の銘柄媒体の組合せを用いて遂行されるものもある。数字的には、広告到達率に平均露出頻度を掛けたものがグロス・レーティング・ポイント(GRP=R×F)。例えば、所定の標的市場の50%に広告が到達し、広告の平均露出頻度が3.0回という媒体の買い方をした場合、150GRP(50×3.0 = 150)の媒体プランということになる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

GRP

〖gross rating point〗
グロス-レーティング-ポイント。広告の効果測定法の一。ある広告に対し、累積してどれだけ視聴者の接触があったかを測定する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

GRPの関連キーワードキミ記念日~生まれて来てくれてアリガトウ。~365日のラブストーリー。マーサー・K. エリントンリーチ・フリークエンシージョン パティトゥッチアンソニー ジャクソンバディ ウィリアムスバーナビー フィンチバーナード ライトボビー ブルームマーカス ミラーグルーシン ドンデビッド ベノワトム スコットリー リトナープログルカゴン南米諸国連合トルコ文学CPGRPTRP

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GRPの関連情報