コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GSM じーえすえむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

GSM

ヨーロッパのキャリア(移動体通信事業者)が開発した、TDMA方式を採用したデジタル携帯電話機の規格。グローバルローミングに対応しており、世界で約200カ国以上が採用している。事実上、デジタル携帯電話機の標準規格になっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジー‐エス‐エム【GSM】[global system for mobile communications]

global system for mobile communications》携帯電話に使われているデジタル通信方式の一。ヨーロッパをはじめ、北米、アジア、アフリカなどの地域で採用されている。主に850から1900メガヘルツまでの四つの帯域を利用したもので、第二世代携帯電話における事実上の世界標準となっている。日本ではかつて独自のPDC方式が採用されていた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

GSM

〖Global System for Mobile communications〗
携帯電話など、移動体通信システムの標準規格。ヨーロッパをはじめとする多くの国が標準方式として採用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

GSM
ジーエスエム
Global System for Mobile communications

第2世代(2G)携帯電話の規格の一つ。1982年,ヨーロッパ各国を行き来する自動車から,国境の制約を受けずに通話できるデジタル通話方式の電話を実現するため,ヨーロッパ郵政・電気通信主管庁会議 CEPT(のちのヨーロッパ電気通信標準化協会 ESTI)が GSM(当初は Group Special Mobileの略)を設立し策定を開始した。1987年 13ヵ国が合意にいたり,ヨーロッパ共通の携帯電話通話方式として標準化された。1991年フィンランドで最初の GSMによる通話が行なわれ,1992年ドイツで商用サービスが開始,その後ヨーロッパ各国で運用が始まった。1993年ヨーロッパ以外で初めてオーストラリアが採用すると世界的に普及し,PDC方式や cdmaOne方式を採用した日本や大韓民国(韓国)など一部の国を除いて全世界で採用された。接続方式は時分割多元接続 TDMAで,周波数帯域は一般的に 900MHz帯が使用されるが,国や地域によって異なり,1.8GHz帯や 1.9GHz帯なども使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

GSMの関連キーワードVodafone Global StandardGSMAモバイルワールドコングレスGLOBAL EXPERTモバイルワールドコングレスエリクソン(電気通信会社)ワールドウィングサービスGALAXY TabWORLD WINGSIMカード(IT)チョウバエ(蝶蠅)GALAXY Sライトモティーフストリンドベリホグズミード村USIMカードSIM カード世界種管理計画ポールディング国際種管理計画ガラパゴス化

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GSMの関連情報