コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IBBY アイビービーワイ IBBY

4件 の用語解説(IBBYの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アイ‐ビー‐ビー‐ワイ【IBBY】[International Board on Books for Young People]

International Board on Books for Young People》国際児童図書評議会。子供の権利条約に則り、子供のための本の出版や普及を奨励する。1953年チューリヒで設立。現在の本部はスイスバーゼルイビー。→ジェー‐ビー‐ビー‐ワイ(JBBY)

イビー【IBBY】[International Board on Books for Young People]

International Board on Books for Young People》⇒アイ‐ビー‐ビー‐ワイ(IBBY)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

IBBY

〖International Board on Books for Young People〗
国際児童図書評議会。1953 年設立。本部はスイス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IBBY
あいびーびーわい

国際児童図書評議会International Board on Books for Young Peopleの略称。国際児童図書評議会は「子どもの本の国際連合」ともいうべきNGO組織。1953年設立、2014年の時点で世界各国に74の支部がある。事務局はスイスのバーゼル。国連の「子どもの権利条約」の要求の一つであるすべての国の子どもが教育を受け、情報に直に接する権利を獲得するため、各国に、児童図書の出版と普及に努力するよう呼びかけ、以下の行動目標を掲げている。(1)児童図書をとおして国際理解をすすめること、(2)子どもが、文学的、美術的に質の高い図書に接する事ができるようにすること、(3)世界各国、特に発展途上国におけるすぐれた児童図書の出版や普及を奨励すること、(4)子どもや児童図書に関わる人々に支援と訓練の機会を提供すること、(5)児童文学関連の研究・調査活動をすること、(6)「子どもの権利条約」にのっとって子どもの権利を守り、支援すること。おもな行事としては、隔年の国際大会、国際アンデルセン賞の選考・授与、機関誌『ブックバード』の発行などがある。また、1967年から毎年4月2日を「国際子どもの本の日」とし、児童書の普及活動の一環としている。[渡辺茂男]
『『JBBYニューズレター』(国際児童図書評議会日本支部発行、年4回)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IBBYの関連キーワードIYRUIPAIinternational currencyinternational custominternational governmentInternational Moderninternational pitchinternational styleinternational usageinternational yard

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

IBBYの関連情報