J. カプタイン(英語表記)Jacobus Cornelius Kapteyn Jacobus Cornelis Kapteyn

20世紀西洋人名事典の解説

J. カプタイン
Jacobus Cornelius Kapteyn Jacobus Cornelis Kapteyn


1851.1.19 - 1922.6.18
オランダの天文学者
バーネフェルト生まれ。
ユトレヒト大学で博士号を取得後、1875年にライデン天文台に入り、1878年フローニンゲン大学教授。南アフリカの喜望峰天文台でギルとともに、写真術を用いて全天の星を記録、観測した。この成果として「ケープ写真星表」(1900年)を発刊。’08年には、恒星の固有運動の研究から、恒星が互いに異なる方向に流れるという二星流説を唱えている。’21年にはフローニンゲンでの職を引退したが、それまでに、がか座にある高速度星を発見したり(カプタイン星)、恒星系の力学理論を提示したりなど、多数の業績をあげた。また、天文学者の間の有益な国際協力を奨励した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android