コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がか座 がかざPictor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

がか座
がかざ
Pictor

画架座。2月上旬の宵に南中する南天星座。概略の位置は赤経5時 30分,赤緯-52°で,はと座の南,りゅうこつ座の全天第2の輝星カノープスのすぐ西にある。日本からは北半分ぐらいしか見えない。フランスの N.ラカイユにより 1752年に新設された南天の星座の一つ。α星が3等星であるほかはすべて4等以下の星で目立たない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

がか座
がかざ / 画架座

冬の宵、南の地平線付近に見える小星座。日本では沖縄地方以外では見るのはむずかしい。18世紀のフランスの天文学者ラカイユが決めた新設星座の一つで、本来は画家の使うイーゼル(画架)とパレットという意味の星座名であったが、現在学名では画家という意味のラテン語Pictorを使用している。星座の北端には、天球上での移動量(固有運動)の大きい8.8等星のカプタイン星がある。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

がか座の関連キーワードJ. カプタイン原始惑星系円盤画架座

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android