J.E. メースフィールド(英語表記)John Edward Masefield

20世紀西洋人名事典の解説

J.E. メースフィールド
John Edward Masefield


1878.6.1 - 1967.5.12
英国詩人,小説家,劇作家,批評家
船乗りで、米国滞在中に作家を志す。帰国、1902年「海水民謡集」を発表、海の詩人として知られるようになり、’11年物語詩「永遠の慈悲」で名声を高めた。男性的な力強さ、青春叙情を歌い上げるロマンチックな詩風で人気があり、’30年に桂冠詩人に選ばれた。他に詩「のレナード君」(’19年)、小説「群集と孤独」(’09年)、戯曲ナン悲劇」(’09年)、評論「ウィリアム・シェークスピア」(’11年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android