ジスマーク(英語表記)JIS mark

流通用語辞典の解説

JISマーク【Japanese Industrial Standard mark】

日本工業規格に合格した鉱工業製品につけるマーク。日本工業規格は、日本の鉱工業製品の種類、型式、形状、寸法、構造、装備、品質、等級、成分、性能、耐久度、安全度、その他所定の事項について全国的に統一し、単純化することによって、品質の改善、生産性の向上をはかるとともに、生産・流通・消費の合理化をはかることを目的としている。昭和24年に制定され、26年に改正された「工業標準化法」にもとづいて実施され、日本工業標準調査会が調査をし、通産省が認定する。55年度からは外国製品にも認められるようになった。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ジス‐マーク【JISマーク】

〘名〙 (マークはmark) 日本工業規格(JIS)に合格した製品につけられるマーク。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android