ジスマーク(英語表記)JIS mark

流通用語辞典の解説

JISマーク【Japanese Industrial Standard mark】

日本工業規格に合格した鉱工業製品につけるマーク。日本工業規格は、日本の鉱工業製品の種類、型式、形状、寸法、構造、装備、品質、等級、成分、性能、耐久度、安全度、その他所定の事項について全国的に統一し、単純化することによって、品質の改善、生産性の向上をはかるとともに、生産・流通・消費の合理化をはかることを目的としている。昭和24年に制定され、26年に改正された「工業標準化法」にもとづいて実施され、日本工業標準調査会が調査をし、通産省が認定する。55年度からは外国製品にも認められるようになった。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android