JNK(読み)ジェーエヌケー

デジタル大辞泉の解説

ジェー‐エヌ‐ケー【JNK】[c-Jun-NH2-terminal kinase]

c-Jun-NH2-terminal kinase膠芽腫(グリオブラストーマ)という悪性脳腫瘍をつくる元となる癌幹細胞の維持に必要な、細胞内分子の一つ。この分子の働きを抑制する薬剤の開発により、同種の脳腫瘍の再発を防ぐ治療が可能になると期待されている。c-Jun N末端キナーゼ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android