コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセチル化 アセチルかacetylation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセチル化
アセチルか
acetylation

有機化合物の酸素,窒素原子に結合している水素原子アセチル基 CH3CO- で置換する反応。この反応に用いる試薬をアセチル化剤といい,普通は塩化アセチルや無水酢酸が用いられる。たとえば,ROH→ROCOCH3 のように,アルコールまたはフェノールの水酸基アセチル化剤と酸または塩基性触媒の存在下でアセトキシ化合物を与える。水酸基の性質によって,この反応に難易があるので,構造解析にも利用できる。加水分解すれば容易に水酸基に変るので,有機合成の過程で水酸基を保護する目的に用いられることもある。アミノ基はアセチル化によってアセトアミド化合物を与える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

アセチル化

 (1) 糖の構造などを決める実験で,ヒドロキシル基(-OH),アミノ基(-NH2)をアセチル基(CH3CO-) で置換すること.生体内でもコリン,アミノ酸,ヌクレオチドなどの水素がアセチル基で置換される反応がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アセチルか【アセチル化 acetylation】

有機化合物中の水素原子,とくにアミノ基-NH2または水酸基-OHの水素をアセチル基-COCH3で置換する反応。 RNH2―→RNHCOCH3  ……(1)  ROH―→ROCOCH3  ……(2) アミノ基のアセチル化(式(1))は,酢酸CH3COOH,無水酢酸(CH3CO)2Oまたは酸塩化物RCOClなどを用いて行われる。アミノ酸などのアミノ基の保護基として用いられることも多いが,アニリンのアセチル化によって得られるアセトアニリドは工業的にも重要な原料となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アセチル化
あせちるか
acetylation

アシル化の一種で、一般に有機化合物中の水素原子をアセチル基で置き換える反応をいう。有機化学でよく使われるのは、アミノ基-NH2やヒドロキシ基-OHの水素原子をアセチル基CH3CO-で置換する反応である。第一アミンR-NH2および第二アミンRR'-NHの窒素原子と結合している水素原子をアセチル基で置換する(1)の反応をN-アセチル化とよび、アルコールR-OHおよびフェノールAr-OH(Arは芳香族基)の酸素原子と結合している水素原子をアセチル基で置換する(2)の反応をO-アセチル化とよぶ。
  R-NH2―→RNHCOCH3……(1)
  R-OH―→ROCOCH3……(2)
 N-アセチル化は無水酢酸を作用させると容易に進行する。O-アセチル化は、塩化アセチルまたは無水酢酸を用いて行うのが普通である。
 炭素原子上へのC-アセチル化も知られていて、塩化アルミニウムなどのルイス酸触媒の存在下で芳香族化合物(ArH)に塩化アセチルを反応させると芳香族メチルケトンが得られる。
  Ar-H―→ArCOCH3……(3)
 アセチル化に用いる試薬をアセチル化剤といい、普通、塩化アセチル、無水酢酸が使われるが、ほかに氷酢酸、ケテン、臭化アセチルなどを用いることもある。なお、C-アセチル化については、「フリーデル‐クラフツ反応」の項を参照されたい。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアセチル化の言及

【無水酢酸】より

…また無機塩基と激しく反応して酢酸塩となる。第三アミンの存在下にアルコールと反応して酢酸エステルを生じ,アンモニアまたはアミンと反応してアセトアミドを生じる(アセチル化)。この反応はセルロースの水酸基のアセチル化にも適用できる。…

※「アセチル化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アセチル化の関連キーワードスカベンジャー受容体アセチルサリチル酸βメラノトロピンアセチル補酵素AペプチドグリカンアセチルCoAコエンザイムA酢酸ナトリウムアセテート繊維ポリアセタールメチオニン発酵酢酸セルロースアセタール樹脂ラナトシドC臭化アセチル酢酸エステル塩化アセチルアセトリシススペルミジンスペルミン

アセチル化の関連情報