M. マルグレス(英語表記)Max Margules

20世紀西洋人名事典の解説

M. マルグレス
Max Margules


1856.4.23 - 1920.10.4
オーストリアの理論気象学者,物理学者。
ウィーン気象台員。
ブローディー生まれ。
ウィーンで数学と物理学を学ぶ。1877〜1906年ウィーン気象台員。この間1879〜80年ベルリンとウィーンで研究を行う。1903年暴風雨のエネルギー論を発表し、位置エネルギーが運動エネルギーに転じ、その結果暴風雨となることを明らかにした。’06年マルグレスの式として知られる論文「定常運動中の、または静止している空気中の温度の成層について」を発表するなど、理論気象学の形成に大きな役割を果たした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android