コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー論 エネルギーろんenergetics

翻訳|energetics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー論
エネルギーろん
energetics

エネルゲティクともいう。 19世紀後半ドイツの化学者 F.W.オストワルトによって主張され,20世紀初頭まで有力であった科学思想。すべての自然現象は,エネルギーの移動と形態の転換によって記述されるべきであるという立場を取る。原子論と対立的立場にあったが,20世紀初め J.ペランがブラウン運動の観測からアボガドロ数を決定し,これが分子の実在を示す決定的証拠として当時の学界に受入れられるに及んで,以後次第にその立場を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エネルギー論【エネルギーろん】

ドイツ語でエネルゲティークEnergetik。W.オストワルトが唱えた説で,ボルツマンらのアトミスティークAtomistikに対する。1895年に行われたオストワルトによるアトミスティーク批判に端を発したもので,物理的な法則や概念(狭義には熱現象のそれ)は,原子モデルではなく,エネルギーを扱う法則系にもとづかなければならないと説く。
→関連項目エネルギー保存の法則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エネルギーろん【エネルギー論 Energetik[ドイツ]】

ドイツ語をそのままとってエネルゲティークともいう。ギリシアのデモクリトスに発する原子論は,17世紀ヨーロッパで本格的に復活したが,それはやがてR.ボイル,ドルトンの系譜をたどって化学の世界に花開く。しかしその原子論と無関係ではないにせよ,物理学の世界で,原子論的世界観があらためて大きな問題となった時期があった。19世紀末から20世紀初頭にかけてのことである。この問題はドイツを舞台に繰り広げられたので,この物理学における原子論的世界観は,しばしば当時のドイツ語の用語をとってアトミスティークAtomistikといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエネルギー論の言及

【機械論】より

…カントからヘーゲルに至るこの古い機械論批判の過程において哲学用語としての〈機械論〉の概念が定着したのであるが,19世紀には事実上この意味での機械論はすでに乗り越えられていたのである。すなわち,古い機械論の産物であった燃素(フロギストン)説は乗り越えられて近代化学の成立となり,熱素(カロリック)説も克服されてエネルギー論Energetikが成立した。これは原動機モデルの機械論であった。…

※「エネルギー論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エネルギー論の関連キーワード形式主義(美学)M. マルグレスエネルゲティククラウジウスマルグレス気象熱力学向坊 隆地球熱学中原伸之デュエム

エネルギー論の関連情報