MCM(読み)エムシーエム

デジタル大辞泉の解説

エム‐シー‐エム【MCM】[multi-chip module]

multi-chip module》複数のベアチップを一つの基板に搭載したモジュール。小型化・省スペース化を可能とする。マルチチップモジュール

エム‐シー‐エム【MCM】[mobile contents management]

mobile contents management》企業などで、社員が使用する各種モバイル端末で扱うコンテンツを統合的に管理・保護するための手法。また、そのためのソフトウエアや情報システム。アクセス権限や利用できる機能の制限などを管理する。モバイルコンテンツ管理。→イー‐エム‐エム(EMM)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MCM
えむしーえむ

スマートフォン、タブレット型端末などのモバイル端末を使用して業務を行う際、コンテンツ(業務上のデータや文書ファイルなど)を効率的に管理する手法。モバイル・コンテンツ・マネジメントmobile contents managementの略。

 企業のコンテンツにモバイル端末からアクセスする手段として、Evernote(エバーノート)、Dropbox(ドロップボックス)、Google Document(グーグルドキュメント)などのクラウドサービスを活用する事例が増えている。これらのクラウドサービスはグループでコンテンツを共有できる点で利便性は高いが、一方では、個人保有の端末からアクセス(BYOD)した場合、アクセスログを追うことができず、流出などが起きても流出経路を追跡することがむずかしくなる。そこで外部流出を防ぐため、コンテンツの送受信や保存の際に暗号化する、さらにコンテンツの通信経路や閲覧・編集履歴の記録などを取得、保存するなどして、コンテンツそのものを管理するのがMCMである。MCMでは企業システム内に特別なストレージ(保管装置)を設けてコンテンツを保管することが一般的であるが、アメリカのボックス社が提供するBOX(ボックス)のように、MCMに特化したクラウドサービスも存在する。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android