コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MCM

大辞林 第三版の解説

MCM

〖multichip module〗
複数の LSI チップを 1 つの基板に搭載し、1 つの機能にまとめた部品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MCM
えむしーえむ

スマートフォン、タブレット型端末などのモバイル端末を使用して業務を行う際、コンテンツ(業務上のデータや文書ファイルなど)を効率的に管理する手法。モバイル・コンテンツ・マネジメントmobile contents managementの略。
 企業のコンテンツにモバイル端末からアクセスする手段として、Evernote(エバーノート)、Dropbox(ドロップボックス)、Google Document(グーグルドキュメント)などのクラウドサービスを活用する事例が増えている。これらのクラウドサービスはグループでコンテンツを共有できる点で利便性は高いが、一方では、個人保有の端末からアクセス(BYOD)した場合、アクセスログを追うことができず、流出などが起きても流出経路を追跡することがむずかしくなる。そこで外部流出を防ぐため、コンテンツの送受信や保存の際に暗号化する、さらにコンテンツの通信経路や閲覧・編集履歴の記録などを取得、保存するなどして、コンテンツそのものを管理するのがMCMである。MCMでは企業システム内に特別なストレージ(保管装置)を設けてコンテンツを保管することが一般的であるが、アメリカのボックス社が提供するBOX(ボックス)のように、MCMに特化したクラウドサービスも存在する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

MCMの関連キーワードフレーザー((John) Malcolm Fraser)ライ(ポピュラー・ミュージック)堺市立みはら歴史博物館ナースリー・スクールビンス マクマホンマクマホン・ラインマクマード基地都城市立美術館署長マクミランマクマード入江エーベルソンプルトニウム超ウラン元素マクマード湾ネプツニウムアフマートワシーボーグ都城(市)黒姫山古墳デ・パルマ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android