コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MIS型ダイオード エムアイエスがたダイオードMIS type diode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

MIS型ダイオード
エムアイエスがたダイオード
MIS type diode

MIS (ミスとも読む) とは Metal-Insulator-Semiconductorの頭文字をとったもので,半導体表面に薄い絶縁膜を形成させ,その上に金属電極を取付けた構造をもつダイオードの総称。絶縁膜として酸化物を用いた MOS (Metal-Oxide-Semiconductor)型ダイオードはその代表例である。この種のダイオードはその容量の電圧による変化がきわめて急激であるという特徴があるので,可変容量ダイオードとして用いられているほか,半導体の表面の物性を研究するための手段としても利用される。さらに絶縁膜を通して少数キャリアを注入することによる発光素子も研究されている。

MIS型ダイオード
ミスがたダイオード

MIS型ダイオード」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

MIS型ダイオードの関連キーワードベビーメタルBABYMETALマーケティング情報システム最小侵襲手術有機金属気相成長法アクティブ・マトリクス藤井ペイジWHITEASHBABYMETALMISダイオード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android