Off JT(読み)オフジェーティー(英語表記)off-the-job training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Off JT
オフジェーティー
off-the-job training

職場外訓練のこと。OJTの対語。職場外で集合的に数名から十数名を集めて,ほぼ定型的に行う教育訓練のこと。外部の教育訓練機関に委託したり,企業内の研修所や養成所などで集中的に行なったり,定期もしくは不定期に講習会や講演会を開催したりするなど各種の方法がある。この方法は,少数の講師によって多くの受講者に一度に統一的な知識を伝達できる点や,日常の業務経験では理解しにくい基本的な事項などを教えられる点で効率的である。その一方で,施設,準備,スタッフ確保などに多くのコストがかかるという難点もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オフ‐ジェー‐ティー【Off JT】[off-the-job training]

off-the-job training》職場とは別の所で特別に行う従業員の教育訓練。オフ‐ザ‐ジョブ‐トレーニング。⇔オージェーティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android