コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

OJT おーじぇーてぃー

10件 の用語解説(OJTの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

OJT

日常業務を通じた従業員教育のこと。日本の企業が開発したもので、業務現場における日常的経験の積み重ねによって就業スキルを向上させていくというもの。いわゆる社会人大学院などで見られるような専門的知識やスキルを得るために業務外で行われるOffJTとは逆に、業務現場でしか得られない仕事の進め方や知識、技能を習得できる。業務現場以外の急変する環境に即した教育が可能なOffJTとともに、社員教育の相互補完的な役割を担っていると言えるだろう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

OJT

働かせながら教育訓練する方法。実際の仕事をしながら指導するので、実地の教育になり身につく利点がある。セミナーなど仕事を離れての教育に比べ、直接仕事にも貢献することになる。セミナーや教室で研修する方法をOff JT(オフ・ザ・ジョブトレーニング)という。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オー‐ジェー‐ティー【OJT】[on-the-job training]

on-the-job training》職場での実務を通じて行う従業員の教育訓練。オン‐ザ‐ジョブ‐トレーニング。⇔オフジェーティー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

OJT【オージェーティー】

オン・ザ・ジョブ・トレーニングon-the-job trainingの略。実際に仕事をしながらの訓練のこと。職業訓練所などで技能を身につけてから職につくのではなく,企業に入ってから実地に技能を修得する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

人材マネジメント用語集の解説

OJT

on-the-job training
・職場内での教育訓練。特に現場で日常の業務を遂行しながら実地で上司が部下に対して計画的に教育訓練を実施することを言う。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集の解説

OJT

On The Job Trainingの略。新たに入社した新人が、
職場において上司や先輩などから、実際の職務を通じたトレーニング、教育を受けること。

OJTの長所としては、時間以外の特別な費用がかからないこと、
また職務に即した内容を指導できることなどが挙げられる。

一方、短所としてはトレーニング、教育を行う監督者自体に
スキルの不足がある場合には、期待するような成果が上がらないケースがある。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

OJT

OJTとは、職場内において、管理監督者の責任のもとで行われる教育訓練全般をさす。職場内教育といわれ、部下指導、部下育成と同義で用いられることも多い。その内容も業務の最中に行うスキル面の指導に限らず、職場内での勉強会、個人学習の指示やアドバイス、目標や評価の面談、キャリア開発の指導など、職場内で行われる多様な教育や指導がOJTの範疇と捉えられている。もともとは新人や若年層に対するスキル教育がイメージされており、「上司が部下に対して」「仕事を通じて」「仕事で必要な知識・技能・態度を」「意図的、計画的、重点的に」「マンツーマン教育」などのキーワードを含んだ厳格な定義が用いられていた。またその方法も、現有能力の分析と目標設定を行い、計画書を作成して数週間から数カ月程度の間、管理監督者が直接指導するものでなければならないとされていた。しかし、業務が高度化するにつれ、職場内教育もより幅広い目的や方法で行われるようになり、OJTの概念も職場内教育全体をさすものとして使われるようになっている。OJLやOJDあるいはコーチングなどの手法は、旧来のOJTの対抗概念として提唱されてきたが、OJTの概念が広がったことで、それらはOJTの一手法と位置づけられるようになってきている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

OJT

〖on-the-job training〗

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

OJT
オージェーティー
on-the-job training

職場内訓練のこと。日常の職場のなかで,上司が随時部下に対して実際の仕事に即して直接に作業や業務に必要な知識や技能や態度を,計画的,体系的に指導する教育訓練。これに対して職場外で集合的に比較的定型的に行われる訓練をOff JTという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

OJT
おーじぇーてぃー

on-the-job trainingの略。職場にいる従業員を職務遂行の過程で訓練すること。職場訓練shop training、職場指導、職務上指導などともいう。教育訓練体系では、集合教育off J.T.(off-the-job training)と対照される。OJTは、集合教育では基本的、一般的事項しか訓練できないとの反省からとられるようになった方法であり、職場の上司や先輩が指導、助言を与える形で訓練が行われる。やや定型化したものとしては、新従業員各人に特定の先輩従業員(スポンサー)を割り当て、スポンサーが新従業員の訓練に責任をもつスポンサー・システムがある。OJTは主として作業職についてなされるが、管理職や専門職にも適用可能である。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のOJTの言及

【年功的労使関係】より


[背景]
 こうした年功的労使関係は経済学的には,後発工業国として発達した日本の企業が必要な熟練労働者,職員,管理者を養成し,他企業に引き抜かれないように確保するためにつくられた制度として説明される。すなわち,近代産業に必要な熟練労働者,職員,管理者を社会的に養成し訓練し供給する徒弟制度などが存在しなかった日本では,学校で基礎的教育を受けた未熟練労働者を採用し,企業内で訓練するほかなく,しかも訓練の中心をOJT(on‐the‐job‐training,職場での訓練)に頼らざるをえなかった。この場合には,勤続年数=経験年数が熟練度の高低の指標となる。…

【経営・経営管理】より


【ブルーカラーの養成と管理】

[日本的現実における年功的熟練]
 企業は,小卒,高小卒の若年層を農村や都市近郊などから雇用し,工場の技能養成施設でイロハから技術などの知識を教え,技能の養成を行った。ただし彼らの技能習得は,養成施設においてだけでなく,それ以上に工場での仕事を手伝いながら,先輩の労働者から個人的に伝承される形で身につけていくといったOJT(on‐the‐job training)の要素がより強かった。彼らの熟練は,仕事のかたわら多分に年長労働者が個人的に体得したものを徐々にのれん分けの形で伝承していく形をとった。…

【職業訓練】より

…人間の職業的能力の形成・向上は,学科教育を授ける学校教育,主として実技を授ける職業訓練,仕事をしながら習熟する職場訓練などによって達成される。通例,学校や職業訓練施設で行われる教育訓練をoff‐JT(off the job training),職場訓練をOJT(on the job training)と呼び区別している。これらの教育訓練制度は,工業技術の発達に伴う複雑な機械・装置の実現,多様かつ多種類の商品の登場,大規模経営を中心とする管理技術の発達などによって,手工業段階で支配的であった熟練職人養成のための徒弟制度に代わって,組織的かつ大規模に行われるようになってきた。…

【年功的労使関係】より


[背景]
 こうした年功的労使関係は経済学的には,後発工業国として発達した日本の企業が必要な熟練労働者,職員,管理者を養成し,他企業に引き抜かれないように確保するためにつくられた制度として説明される。すなわち,近代産業に必要な熟練労働者,職員,管理者を社会的に養成し訓練し供給する徒弟制度などが存在しなかった日本では,学校で基礎的教育を受けた未熟練労働者を採用し,企業内で訓練するほかなく,しかも訓練の中心をOJT(on‐the‐job‐training,職場での訓練)に頼らざるをえなかった。この場合には,勤続年数=経験年数が熟練度の高低の指標となる。…

※「OJT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

OJTの関連キーワードモラール・サーベイ整理(5S用語)On The Job Training管理監督者名許り管理職名ばかり管理職OJT研修役付手当現場監督者監督員

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

OJTの関連情報