コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

R&D

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

R&D

企業の研究開発業務および部門。多くの事業は現在の市場ニーズに対応しながら収益を上げていくのだが、景気の動向や環境の変化によってニーズも大きく変化、増減する。R&Dを常に先行させ、将来のニーズにあった商品を開発することともに、ニーズそのものを発見することも重要な役割とされている。直接現在の利益に寄与するわけではないが、新商品の開発や新しい技術を確立することで将来の売上に結びつく、企業の将来的な方向性や収益を担う貴重な業務と言える

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

R&D【アールアンドディー】

研究開発

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

DBM用語辞典の解説

リサーチ・アンド・デベロップメント【R&D Research & Development】

研究開発の事。研究開発は、基礎研究応用研究、商品化研究の3分野に分かれている。基礎研究は、いつ開発できるか分からないものを純粋科学的に追求するもの。応用研究は、明日の商品を開発していくもので、応用研究で得られた結果が実際に応用できるかどうかを追求する。商品化研究は、当面の商品を開発するもので、応用研究で得られた結果が商品として販売しうるものであるかを研究するものである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

流通用語辞典の解説

R&D【Research and Development】

研究開発活動の意味。自社独自の基礎技術や、新技術・応用技術を開発し、それに基づいて商品やサービスを市場に送り出すことを意味する。新素材の開発、新技術の開発などで新しい技術革新の時代に入って、R&Dが重要との認識が高まり、メーカーのみならず、流通業、サービス業においても、R&Dに対する関心は高くなっている。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

R&D

研究開発のこと。直接現在の利益に貢献するわけではないが、新商品の開発や新しい技術を確立することで将来の売上に結びつく重要な業務。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

R&D
アールアンドディー

研究開発」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

R&D
あーるあんどでぃー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

R&Dの関連キーワードビジネス・マネジメント・チーム最先端研究開発支援プログラムオーバーラップ型製品開発内製 CVT金属ベルトホンダ VFR800FIホンダ ジョルノクレア神奈川県横須賀市光の丘トーマス オカーマセカンドライフ共同研究開発Web2.0国際事業部多国籍企業グーグル技術進歩アップル情報産業携帯電話葵ゆりかR&D論

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

R&Dの関連情報