RKO(読み)アールケーオー

  • RKO Radio Pictures Incorporated
  • Radio Keith Orpheum

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの映画会社。1928年、ジョゼフ・ケネディJoseph Kennedy(1888―1969)が統合していた製作と配給および劇場チェーンを兼ねた組織に、トーキー・システムのフォトフォーンのマーケット拡大を目ざしていたラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)が加わって創立された。つまり、映画へのサウンド導入とともに生まれた会社であった。『シマロン』(1930)でアカデミー作品賞を獲得、業界内での評価を確立する。1930年代はアステア&ロジャーズGinger Rogers(1911―1995)の主演作をはじめ、『キング・コング』(1933)、『男の敵』(1935)、『赤ちゃん教育』(1938)など、映画史上に残る作品を製作している。オーソン・ウェルズが監督、脚本、主演を兼ねて製作した『市民ケーン』(1941)も同社の作品である。1948年にハワード・ヒューズが実権を握って以後は、業績は悪化する一方で、1957年には映画会社としての活動を停止するに至った。[濱口幸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android