コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RR方式 アールアールほうしき

2件 の用語解説(RR方式の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

RR方式【アールアールほうしき】

リアエンジン・リアドライブ方式とも。自動車における駆動装置の配置法の一つで,後部にエンジンを置き,後輪を駆動する方式をいう。以前は軽自動車などに多用されたが,現在はバスに見られる程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RR方式
あーるあーるほうしき

エンジン位置と駆動方式による自動車の分類の一つで、エンジンを後部(後輪車軸より後方)に備え、後輪を駆動して走る形式のこと。リアエンジン・リアドライブシステムrear engine,rear drive systemの略称。長いプロペラシャフトが不要なため、床を低く平らにでき、軽量化が図られるので寸法的制約の大きい小型大衆車に向くとされた。フェルディナント・ポルシェFerdinand Porsche(1875―1951)が設計したドイツのフォルクスワーゲン・ビートル(初代)の巧みな設計例が転機となって、ルノー4CVフランス)、フィアット600イタリア)や同500など、第二次世界大戦後には小型車の標準的な駆動方式となった。しかし乗用車の場合、トランクスペースが小さいことや、横風に対する安定性の低さ、排出ガスシステムの複雑さなどの弱点から、現在はよりスペース効率に勝るFF方式前輪駆動)に主力を譲っている。大型車では大型バスに用いられている。現在でもポルシェ911はリアエンジンに固執しているが、これは優れた走行性能を得るためでもあるが、それ以上にポルシェ社が創業以来のアイデンティティーとしているリアエンジン方式の第一人者という伝統的な特徴を重要視した結果でもある。なおRR方式というのは日本独特の呼び方で、外国では単にリアエンジンという。また、後車軸前方にエンジンを置き、後輪を駆動するミドエンジン方式をリアエンジンとよぶこともある。[高島鎮雄・伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RR方式の関連キーワードベアドライブドアエンジンオーバードライブドライブスルーフリアエフロントエンジンフロントドライブフロントエンジンリアドライブライブラリアンリアエンジンリアドライブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone