コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RR方式 アールアールほうしき

2件 の用語解説(RR方式の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

RR方式【アールアールほうしき】

リアエンジン・リアドライブ方式とも。自動車における駆動装置の配置法の一つで,後部にエンジンを置き,後輪を駆動する方式をいう。以前は軽自動車などに多用されたが,現在はバスに見られる程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RR方式
あーるあーるほうしき

エンジン位置と駆動方式による自動車の分類の一つで、エンジンを後部(後輪車軸より後方)に備え、後輪を駆動して走る形式のこと。リアエンジン・リアドライブシステムrear engine,rear drive systemの略称。長いプロペラシャフトが不要なため、床を低く平らにでき、軽量化が図られるので寸法的制約の大きい小型大衆車に向くとされた。フェルディナント・ポルシェFerdinand Porsche(1875―1951)が設計したドイツのフォルクスワーゲン・ビートル(初代)の巧みな設計例が転機となって、ルノー4CVフランス)、フィアット600イタリア)や同500など、第二次世界大戦後には小型車の標準的な駆動方式となった。しかし乗用車の場合、トランクスペースが小さいことや、横風に対する安定性の低さ、排出ガスシステムの複雑さなどの弱点から、現在はよりスペース効率に勝るFF方式前輪駆動)に主力を譲っている。大型車では大型バスに用いられている。現在でもポルシェ911はリアエンジンに固執しているが、これは優れた走行性能を得るためでもあるが、それ以上にポルシェ社が創業以来のアイデンティティーとしているリアエンジン方式の第一人者という伝統的な特徴を重要視した結果でもある。なおRR方式というのは日本独特の呼び方で、外国では単にリアエンジンという。また、後車軸前方にエンジンを置き、後輪を駆動するミドエンジン方式をリアエンジンとよぶこともある。[高島鎮雄・伊東和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone