コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横風 オウフウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ふう〔ワウ‐〕【横風】

[名・形動]偉そうに人を見くだす態度をとること。また、そのさま。大風(おおふう)。
「やに―な失敬な奴だと思ったが」〈漱石坊っちゃん

よこ‐かぜ【横風】

横から吹きつける

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうふう【横風】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大風おおふう 」に同じ。 「 -な口をきく」 「例へば上士下士相対して上士が-である/福翁自伝 諭吉」 「 -ではあるが毫も峻嶮な所がない/吾輩は猫である 漱石

よこかぜ【横風】

横から吹いてくる風。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

横風の関連キーワードインテリジェントクルーズコントロールレーンキープサポートシステム成田空港の閣議決定と基本計画クロスウインド吾輩は猫であるサイドウインド成田国際空港偏流修正飛行藤田スケール横風用滑走路隅谷 三喜男木の根地区脇舵・脇楫三里塚闘争峻険・峻嶮RR方式成田空港FF方式真帆片帆警戒標識

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横風の関連情報