コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横風 オウフウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐ふう〔ワウ‐〕【横風】

[名・形動]偉そうに人を見くだす態度をとること。また、そのさま。大風(おおふう)。
「やに―な失敬な奴だと思ったが」〈漱石坊っちゃん

よこ‐かぜ【横風】

横から吹きつける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうふう【横風】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
大風おおふう 」に同じ。 「 -な口をきく」 「例へば上士下士相対して上士が-である/福翁自伝 諭吉」 「 -ではあるが毫も峻嶮な所がない/吾輩は猫である 漱石

よこかぜ【横風】

横から吹いてくる風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

横風の関連キーワードインテリジェントクルーズコントロール成田空港の閣議決定と基本計画レーンキープサポートシステムクロスウインドサイドウインド吾輩は猫である隅谷 三喜男藤田スケール成田国際空港横風用滑走路偏流修正飛行峻険・峻嶮木の根地区脇舵・脇楫三里塚闘争航空気象FF方式高速飛行RR方式成田空港

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横風の関連情報