V字谷(読み)ぶいじこく

日本大百科全書(ニッポニカ)「V字谷」の解説

V字谷
ぶいじこく

横断面V字形をなす谷。氷食谷の特徴であるU字谷に対する語で、下刻(かこく)の卓越する幼年期の河谷に特徴的な横断面である。谷床をもたないので欠床谷ともいう。谷壁斜面を構成する物質が硬い岩石からなるときは深く幅の狭いV字をなすが、谷壁が雨洗や風化によって、下方に移動しやすい物質からなるところでは谷壁の傾斜が緩やかとなり、やや上に開いたV字形となる。V字谷は一般に早瀬が多く、その縦断面は不連続であり、河床勾配(こうばい)は平均して急である。

[髙山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「V字谷」の解説

V字谷【ブイじこく】

横断面がV字形を示す谷。山間を流れる下刻作用の卓越する河川は,山地を深くうがち,谷壁は垂直に近い崖を作るが,谷壁が不安定で絶えず崩壊し,谷の横断面はV字形になる。滝や早瀬や甌穴(おうけつ)が多く,浸食輪廻(りんね)の幼〜壮年期に特徴的な谷形。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「V字谷」の解説

ブイじ‐こく【V字谷】

〘名〙 河浸食作用によって生じる横断面がV字形をした谷。ふつう、川の上流に見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android