コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VR ぶいあーるVR

翻訳|VR

知恵蔵の解説

VR

Virtual Reality(バーチャルリアリティー仮想現実)の略称。コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術。この技術を体験するには、ヘッドマウントディスプレー(HMD)と呼ばれる、ゴーグル型のデバイスを頭部に装着する必要がある場合が多い。HMDには、フェースブック社傘下のOculusVR(オキュラス ブイアール)社が開発した「Oculus Rift (オキュラスリフト)」を始め、HTC社の「HTCVive(エイチティーシーバイブ)」、サムスン社の「GearVR」など数十種類の製品がある。2016年10月には、ソニーが同社のゲーム機「PlayStaion」の新製品でかつVRに対応した「PlayStaionVR」の発売を予定している。また、同じ時期に、グーグル社による新しいVR技術である「DayDream」に対応したスマートフォンやHMDが登場する予定となっている。
HMDを利用したVRでは、顔の向きに合わせて360度、上下左右に、現在自分が存在する空間とは異なる仮想空間が現れる。またHMDに備えられている各種センサーによって、動きや傾きなども測定され、奥行きのある仮想空間内を移動したり、目の前の物体が本当に迫ってくる、あるいは本当に触れられそうになったりするような臨場感あふれる体験ができる。なお、VRに対応したHMDなどでは、アクションゲームやロールプレーイングゲーム(RPG)などの一般的なゲームだけでなく、水中やジャングルなどを疑似体験できるものもある。更にVRはアミューズメントのジャンルのみに留まらず、ビジネス分野でも利用されつつある。例えば、不動産会社や住宅メーカーが、建設中や建設前の物件をVRで体験できるようにしている。これらのVRでは、天井の高さや家具の配置などが現実に近い状態で確認できるだけでなく、時間や季節による日照の違いなども事前に確認できる点が特徴である。

(横田一輝 ICTディレクター/2016年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

VR

「仮想現実(Virtual Reality)」の略です。コンピュータで作成した映像や音声などを、利用者が現実に近い状態に感じられるように提示する技術や、その考え方をいいます。ひと目見てCGとわかるような映像でも、利用者が現実にある何かの「たとえ」として感じることができれば十分とされます。頭に装着して、利用者の向きに応じて表示が動くディスプレイに、ゲームなどの画面を表示し、あたかも自分がその場にいるかのように感じさせる技術が注目されています。
⇨AR、CG

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブイ‐アール【VR】[virtual reality]

virtual reality》⇒バーチャルリアリティー

ブイ‐アール【VR】[video recording]

video recordingDVD-RDVD-RWDVD-RAMなどの記憶媒体にビデオ映像を記録するための規格の一。録画したテレビ番組などをパソコンで編集することができる。DVD-Videoとは異なり、追加記録ができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VR

バーチャルリアリティ」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

VR

 ニコンの手ブレ補正機構の名称。VRは、Vibration Reductionの略。レンズ内の 2種類のセンサーがカメラのブレ ( ピッチングとヨーイング ) を検出。光学系の一部がブレをなくす方向に駆動して、撮影者によって異なる手ブレ限界シャッタースピードから3段階相当の手ブレ軽減効果を発揮する。  また、平成17年11月1日発表のAF-S DX VR ズームニッコールED 18-200mmF3.5-5.6G(IF)は、このVRをベースにジャイロセンサーの高性能化などシステム全体の精度を上げた結果、これまでよりも1段分高い、シャッター速度約4段分相当の手ブレ軽減効果を発揮し、「次世代手ブレ補正(VR II)」へと進化している。  このように、当初はレンズシフト式のレンズ内手ブレ補正機構を指していたVRだが、平成18年の夏以降、言葉の意味が少々変わってきた。というのも、コンパクトデジタルカメラのクールピクスS10やL5に搭載されたCCDシフト式手ブレ補正機能や、クールピクスS8/S7に搭載された電子式手ブレ補正機能も含めて、手ブレ補正にかかわる技術全般をVRと呼ぶように変わったのである。手ブレ補正(VR)機能といっても、光学式/電子式、レンズシフト式/CCDシフト式といろいろあることを覚えておこう。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のVRの言及

【飛行機】より

…どちらの場合も,むずかしい操作なので,安全を期するために操作のしかたにいろいろの規定が設けられている。ジェット輸送機の場合を例にとって,まず離陸の場合を説明すると,滑走路端から滑走を始め,だんだん加速してVR(ブイアール)(ローテーション速度rotation speed)に達したら機首を引き起こす。機は地面を離れなおも加速しつつ高度35フィート(10.7m)に達するまでに,V2(ブイツー)(安全離陸速度take‐off safety speed。…

【仮想現実】より

…バーチャルリアリティ,VRとも呼ばれる。計算機によって作り上げられた人工的な現実世界とでもいう意味を持つ。…

※「VR」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

VRの関連キーワードベルイマン(Ingmar Bergman)バーチャルリアリティー酔いDVD+VR/DVDインタラクティブ・アートDVD+RWアライアンスDVD+VR対応メディアGoogleカードボードQuickTime VRGoogle Pixelグラフィックスメモリー録画モード (DVD)MEGA O.I.S.QuickTimeシミュレーター酔いDVDフォーラム東京ゲームショウCubic VRVRフォーマットビデオメモリーサマーレッスン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

VRの関連情報