X線天文衛星「ひとみ」(読み)えっくすせんてんもんえいせいひとみ

知恵蔵miniの解説

X線天文衛星「ひとみ」

種子島宇宙センターからH-IIAロケット30号機によって打ち上げられたX線天文衛星で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の科学衛星の一つ。ブラックホール周辺や超新星の爆発など、高エネルギー現象や銀河団の観測を行い、宇宙の構造やその進化の過程を探ることを目的として、2016年2月17日に打ち上げられたものの、同年3月26日に軌道上で異常な回転を起こして姿勢を制御できなくなり分解、同年4月28日に運用停止に追い込まれた。17年2月に、JAXA側が、運用を担当していた日本電気㈱(NEC)の担当者による姿勢制御用エンジンの噴射データの誤入力が故障の主な原因であるとして民事調停を申し立て、17年9月5日には、NECがJAXAに解決金5億円を支払う内容で調停が成立したと発表された。

(2017-9-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

X線天文衛星「ひとみ」の関連情報