コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線顕微法 エックスせんけんびほう X‐ray microscopy

1件 の用語解説(X線顕微法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エックスせんけんびほう【X線顕微法 X‐ray microscopy】

物質の微細な内部構造をX線を使って調べる方法。生物学,医学,金属学などの分野で使われている。
[X線陰影顕微法]
 顕微X線法,マイクロラジオグラフィーmicroradiographyともいう。物質の透過X線写真に,試料の場所的密度差や構成物質の違いによるX線吸収率の差に対応したコントラストがつくことを利用する。電子顕微鏡ほど試料に損傷を与えず,生物を生きたままに近い状態で観察できる。(1)密着法(コンタクト法) 試料を感光材料に密着させて撮った像を電子顕微鏡などで拡大する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

X線顕微法の関連キーワード解剖学上部構造分子線日震学赤外線分光分析発酵試験恒星の内部構造の理論ポリトロープガス蛍光浸透探傷検査解剖 (dissection)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone