last one mile(読み)ラストワンマイル

IT用語がわかる辞典の解説

ラストワンマイル【last one mile】

インターネット接続サービスをはじめとするネットワーク接続における、利用者の建物から通信事業者最寄り基地局までの通信手段。電話線・光ファイバーCATV無線LANなどがある。◇通信事業者から見て「ラスト(最後)」にあたる区間であるが、利用者から見ると「ファースト(最初)」になるため、「ファーストワンマイル」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラスト‐ワンマイル

《〈和〉last+one+mile》
通信事業者の最寄りの基地局から利用者の建物までを結ぶ、通信回線の最後の部分。特に、インターネットの接続手段を指す。名称は、最寄りの基地局から利用者宅までの平均距離が1マイル(約1.6キロメートル)であることに由来する。利用者宅から見ると通信回線の最初の部分に当たるため、ファーストワンマイルという名称も使われる。ラストマイル
宅配サービスで、店舗や配送所から各家庭へ荷物を届ける手段のこと。ラストマイル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ラストワンマイル

通信業者の収容局から利用者の建物までを接続する通信回線のこと。通信回線をすべての家庭まで引き込むという事業目的から、「残りの1マイル」という意味で使われるようになった言葉。利用者側の視点から、ファーストワンマイル(first one mile)と呼ぶこともある。以前は電話回線によるダイヤルアップ方式が一般的だったが、現在は、ADSL、CATV、FTTH、無線による接続など、ブロードバンド化が進んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android