コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Σ粒子 シグマりゅうし Σ-particle

5件 の用語解説(Σ粒子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Σ粒子
シグマりゅうし
Σ-particle

素粒子で,ハイペロンの一種。1953年 A.ボネッティらによって発見された。質量はΣ+粒子が 1189.4MeV,Σ-は 1197.4MeV,Σ0は 1192.6MeVで,電荷は+e,0,-e の 3種からなるアイソスピン 1の三重粒子。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シグマ‐りゅうし〔‐リフシ〕【Σ粒子/シグマ粒子】

素粒子の一。質量は陽子の約1.3倍、電荷は正・負・中性、スピンは2分の1。崩壊して弱い相互作用核子中間子に、あるいはΛ(ラムダ)粒子と光子になる。記号Σ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

Σ粒子【シグマりゅうし】

ハイペロン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

シグマりゅうし【Σ粒子】

素粒子の一。電荷は正・負の電気素量、および中性の3種。スピン 1/2 。質量は陽子の約1.3倍、Σ± は平均寿命約 10-10 秒で核子と π 中間子に、Σ0 は 10-20 秒で Λ ラムダ粒子と光子とに崩壊する。バリオンに属し、ストレンジネス -1 。

Σ粒子

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のΣ粒子の言及

【素粒子】より

…古代ギリシアのレウキッポスやデモクリトスは,物質を細かく分割していったら最後にはどうなるであろうかという問題を思索し,ついにはこれ以上分割できない最小の単位が存在するという結論に達した。このような最小の単位は〈分割できないもの〉という意味でアトムと呼ばれた。19世紀になって,イギリスの化学者J.ドルトンは,このような物質の最小の単位の存在を科学的に証明し,これに古代ギリシアの〈アトム〉という名を与えた。…

※「Σ粒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

Σ粒子の関連キーワード重力子スピン量子数素粒子対消滅対生成τ粒子粒子ゲージーノ反τ粒子素粒子の性質の測定方法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone