Σ粒子(読み)シグマりゅうし(英語表記)Σ-particle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Σ粒子
シグマりゅうし
Σ-particle

素粒子で,ハイペロンの一種。1953年 A.ボネッティらによって発見された。質量はΣ+粒子が 1189.4MeV,Σ-は 1197.4MeV,Σ0は 1192.6MeVで,電荷は+e,0,-e の 3種からなるアイソスピン 1の三重粒子。スピン 1/2,パリティ+,ストレンジネス-1。Σ+は uus,Σ0は uds,Σ-は ddsのクォーク構造をもつ。荷電Σ粒子は弱い相互作用によって平均寿命 8.0×10-11秒で核子π中間子に崩壊し,中性Σ粒子は電磁相互作用によって平均寿命 7.4×10-20秒でΛ粒子光子に崩壊する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シグマりゅうし【Σ粒子】

素粒子の一。電荷は正・負の電気素量、および中性の3種。スピン 1/2 。質量は陽子の約1.3倍、Σ± は平均寿命約 10-10 秒で核子と π 中間子に、Σ0 は 10-20 秒で Λ ラムダ粒子と光子とに崩壊する。バリオンに属し、ストレンジネス -1 。

Σ粒子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のΣ粒子の言及

【素粒子】より

…古代ギリシアのレウキッポスやデモクリトスは,物質を細かく分割していったら最後にはどうなるであろうかという問題を思索し,ついにはこれ以上分割できない最小の単位が存在するという結論に達した。このような最小の単位は〈分割できないもの〉という意味でアトムと呼ばれた。19世紀になって,イギリスの化学者J.ドルトンは,このような物質の最小の単位の存在を科学的に証明し,これに古代ギリシアの〈アトム〉という名を与えた。…

※「Σ粒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android