コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

δ関数 デルタかんすう δ-function

2件 の用語解説(δ関数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

δ関数
デルタかんすう
δ-function

量子力学を定式化するために,P.A.M.ディラックが導入した関数。 x≠0 のとき δ(x)=0 であるにもかかわらず,x=0 の点を含む任意の領域での積分が を満足するような関数 δ(x) のことをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

デルタかんすう【δ関数 δ function】

1920年代に物理学者P.A.M.ディラックは,次のような関数δ(x)を導入して形式的な計算を行い,量子力学の研究に有効に利用した。すなわち,実数xの関数δ(x)とは,x≠0のときδ(x)=0,x=0のときδ(0)=∞で,なるものとし,(-∞,∞)で連続な任意の関数φ(x)に対して,あるいは,より一般に任意の実数cについて,が成り立つとした。このδ(x)をディラックのδ関数,または単にδ関数と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のδ関数の言及

【演算子法】より

…関数に対する微分や積分の演算を記号的,あるいは代数的に行い,微分方程式を形式的に解く手法を演算子法という。19世紀の終りころに,イギリスの工学者O.ヘビサイドが電気工学におけるいろいろな現象を記述する常微分方程式や,電信方程式と呼ばれる偏微分方程式を解くのにこの手法で成功をおさめて以来,演算子法はまとまった一つの理論となった。しかし,彼の議論は数学の対象としうるほどの厳密さを備えていなかった。その後,ラプラス変換や超関数などによる裏づけがなされてしだいに体系を整えてきた。…

※「δ関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

δ関数の関連キーワード核物理学古典物理学実験物理学タウンズタム物理学者理学理論物理学デュロンプティの法則ディラック電子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone