コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

λ転移 ラムダてんいλ transition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

λ転移
ラムダてんい
λ transition

物質の比熱-温度曲線が,ある温度でギリシア文字のλ形の異常を示すことがある。この異常は潜熱を伴わない二次相転移によって生じ,この相転移をλ転移,その転移温度をλ温度またはλ点という。 1922年 F.シモンが塩化アンモニウムについて発見し,のちに P.エーレンフェストがλ転移と名づけた。狭義には液体ヘリウムIと液体ヘリウム IIの間の相転移をさす。 (→液体ヘリウム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

λ転移【lambda transition】

物質の相変化に対して,比熱曲線がギリシャ文字の λ の形に似た異常性を示すような転移をいう.液体ヘリウムのHe-IIからHe-Iへの転移が有名である.比熱が転移点で不連続であれば二次の相転移,連続的で極大をもつのみならば三次の相転移である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のλ転移の言及

【相転移】より

…二次相転移の例としては,超流動転移のほか,超伝導転移,磁気転移などがある。超流動転移と大部分の磁気転移では,転移点で比熱が発散し,絶対温度と比熱の関係をグラフに書くと,図1のようにギリシア文字のλに似ていることからλ転移と呼ばれる(狭義には超流動転移のみをλ転移という)。三次以上の相転移は現実には見つかっていないので,第2種相転移の大部分は二次相転移である。…

※「λ転移」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

λ転移の関連キーワードコステリッツサウレス転移トランスアミネーションエーレンフェストの式トランスファRNAフランク‐リード則トランスアミナーゼトランスフェラーゼメチル基転移反応アミノ基転移反応転移(精神分析)フェルヴァイ転移超流動ヘリウム4秩序無秩序転移リフシッツ条件ランダウ条件転移(物理)モット転移運搬RNAtRNA秩序変数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android