コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転移点 てんいてんtransition point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転移点
てんいてん
transition point

物質における相転移の現象は,各物質に固有の物理的外部条件 (たとえば,圧力温度など) のもとで起るが,この各条件を満たす組合せをいう。たとえば,体心立方構造をもつは,1気圧下,1183Kで面心立方構造に相転移する。したがって,この圧力および温度の組合せがこの場合の転移点である。また体心立方構造をもつ鉄はキュリー温度 1043Kで,それ以下の温度では強磁性を示し,それ以上では常磁性になる。このキュリー温度も転移点の1種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

転移点【てんいてん】

相転移の現象は一般に各物質に固有な一定の圧力・温度のもとで起こる。普通このときの温度,圧力をそれぞれ転移温度,転移圧力と呼ぶ。単に転移温度のみをいう場合もある。→キュリー温度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんいてん【転移点 transition point】

物質が相転移を起こすときの状態変数の値のことで,そのときの圧力を転移圧力,温度を転移温度などと呼ぶ。単に転移温度のみをいう場合もある。例えば,水は1気圧,0℃で液相から固相に転移するので,1気圧の下での液相‐固相転移点は0℃であるという。強磁性体,またはフェリ磁性体キュリー温度も転移点の一つである。転移が状態変数の値のある範囲にわたって起こるときは転移領域と呼ばれることがある。【小野 嘉之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんいてん【転移点】

ある物質が転移を起こす温度・圧力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の転移点の言及

【相転移】より

…単に転移ということもある。また相転移の起こる温度,圧力などを転移点と呼ぶ。身近な相転移として,上述の例のように気相‐液相間の転移,液相‐固相間の転移があるが,このほかにも強磁性体や反強磁性体が転移温度(前者の場合キュリー温度,後者ではネール温度と呼ばれる)で常磁性を示すようになる磁気転移,超伝導体が超伝導状態から常伝導状態に移る超伝導転移,液体ヘリウム(4Heの液体)の超流動相(液体ヘリウムII)が常流動相(液体ヘリウムI)に転移する超流動転移などが典型的な例である。…

※「転移点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

転移点の関連キーワードヨウ素酸カリウム(沃素酸カリウム)フォックス‐フローリーモデルボース=アインシュタイン凝縮アギラル鉱(データノート)氷晶石(データノート)ウォルター マイスナーチタン酸バリウム磁器エーレンフェストの式等自由体積状態の仮説耐熱性プラスチックヨウ化銀(沃化銀)塩化アンモニウム白リュウ(榴)石ヘッドヴァル効果形状記憶高分子メラノフログ石秩序無秩序転移セメンタイト塩化バリウムリューサイト

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android