コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿頭抄 かざししょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

挿頭抄
かざししょう

富士谷成章著。全3巻。明和4 (1767) 年成立。文法書。「名 (な) ,装 (よそい) ,脚結 (あゆい) 」とともに彼の四大品詞分類の一つを形成する「挿頭」を解説したもの。だいたいいまの代名詞接続詞,副詞,感動詞,接頭辞などに相当する。該当する 200あまりの語を五十音順にあげ,それぞれに適切な口語訳をつけ,その意味,用法を述べ,部分的に口語訳をつけた証歌をひいている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かざししょう〔かざしセウ〕【挿頭抄】

江戸中期の語学書。3巻。富士谷成章(ふじたになりあきら)著。明和4年(1767)成立。文首・語頭にあって付属的に下へ係っていく、連用・連体修飾語、代名詞・感動詞・接続詞、接頭語などを挿頭(かざし)と呼び、それぞれについて解説・研究した書。名(な)・装(よそい)・挿頭・脚結(あゆい)の品詞分類、国語史を上古・中古・中ころ・近き世に分けた時代区分や、和歌の口語訳など、後世に与えた影響は大きい。→脚結抄(あゆいしょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かざししょう【挿頭抄】

語学書。富士谷成章なりあきら著。三巻。1767年成立。語を名(体言)・装よそい(用言)・挿頭かざし(感動詞・代名詞・接続詞・副詞・接頭語など)・脚結あゆい(助動詞・助詞・接尾語など)に分類し、挿頭の各語の意味・用法を説明する。 → 脚結抄あゆいしよう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報