コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あんか

行火。板張り箱の中に土製の火爐を入れたもの。火爐にたどんや木炭を入れて手足を暖めるための道具で普通はその上に薄いふとんを掛ける。江戸時代から用いられた。置きごたつ (→こたつ ) と混同され,しばしば置きごたつもあんかと呼ばれる。また,ふとんの中に入れる電気足温器も電気あんかと呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

あんかの関連キーワード兵庫県多可郡多可町八千代区中村ベニコウジカビ(紅麹黴)激めん ワンタンメン大阪府富田林市甘南備大阪府羽曳野市古市okazuはるさめ炒麺・炒麵・炒麪パスタ・デ・ココサーモスタット鹿ケ谷かぼちゃ古市(大阪府)加賀太きゅうり物部麁鹿火邦子内親王サラサガジ良祐(3)サンマー麺ゆうごう香香有媛埋み豆腐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android