あんか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あんか

行火。板張り箱の中に土製の火爐を入れたもの。火爐にたどんや木炭を入れて手足を暖めるための道具で普通はその上に薄いふとんを掛ける。江戸時代から用いられた。置きごたつ (→こたつ ) と混同され,しばしば置きごたつもあんかと呼ばれる。また,ふとんの中に入れる電気足温器も電気あんかと呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android