あんだえ

精選版 日本国語大辞典の解説

あんだえ【安陀衣・安陀会

〘名〙 (antarvāsa の音訳。中宿衣、内衣、下衣などと訳す) 仏語。僧の着る三衣(さんえ)の一つ。五条からなり、体に直接着るもので、人目につかない所や、作業に従事するときは、このままでよいとされる。三衣の中ではきわめて略式の衣。中国・日本では、三衣は本来の意味を失い、法衣の上に別に身につけるものとなり、禅宗では絡子(らくす)がこれに相当する。五条衣。
※参天台五台山記(1072‐73)五「今見天竺袈娑鬱多羅僧并安陀会也」 〔六物綱要〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる