コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あゝ野麦峠

大辞林 第三版の解説

ああのむぎとうげ【あゝ野麦峠】

記録文学。山本茂美著。1968年(昭和43)刊。飛驒の女工が、県境の野麦峠を越えて諏訪湖畔の製糸工場で過酷な労働に従った記録。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あゝ野麦峠
ああのむぎとうげ

山本茂実(しげみ)(1917―1998)の記録文学。副題は「ある製糸工女哀史」。1968年(昭和43)朝日新聞社刊。1972年新版刊行。野麦峠は飛騨(ひだ)(岐阜県)と信濃(しなの)(長野県)との国境にあり、明治中期から昭和初期まで飛騨の貧農の娘は、この峠を越えて岡谷の製糸工場にわずかな前借金で働きに行った。本書は、数百名に及ぶ元工女と関係者からの聞き取りに基づき、工女や「女工哀史」を生み出した農村と工場の実態、さらに原料繭(まゆ)を買いたたき、11、12歳からの工女を1等から50等くらいにランクづけして賃金に差をつけたり、罰金を払わせたりして搾取し、変動の大きい糸相場に対応しようとした資本家の姿を描き出した。それは、生糸輸出、武器輸入という近代日本の基本的な産業構造を象徴する。劇化、映画化され、野麦峠には現在、記念碑が立っている。[大木基子]
『『あゝ野麦峠』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

あゝ野麦峠の関連キーワードあゝ野麦峠・新緑篇日本映画史(年表)里木 佐甫良外野村 晋伊藤 武郎北林 谷栄山本 茂実岡田奈々記録文学橋本晶子嶺はるか服部ケイ別府康子野麦峠女工

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あゝ野麦峠の関連情報